前へ
次へ

家の嫁さんが英会話教材を購入

息子からの電話で、産休中の嫁さんがかなり高額の英会話の教材をローンでかったと苛立っていました。嫁さんは某公立病院の看護師をして、只今産休を取って出産準備中です。マイペースで勤勉とは言い難い性格の嫁さんだが、大きな病院ともなれば日常会話を英語で出来た方が良いと考えて産休・育児休暇を利用してレッスンに励むと思い、息子を諌めると、その英会話教材はこれから生まれて来る子供用だというのでびっくりしました。自宅にセールスマンが来てさぞやあの手この手で褒めちぎり英会話は零歳児から必要と得々と説明したのでしょう。息子も嫁さんも英語は苦手で進学に苦労した経験から、セルストークにすっかりその気になって、契約に至ったのでしょうが、まだお腹の中にいる子供の為の英会話教材購入とは・・・嫁さんは育児と看護師の仕事に追われ教材は未だ押入れの中で眠っています。

Page Top